2016年07月20日

音大生が企業に人気

武蔵野音大生が人気企業に就職できるワケ

http://toyokeizai.net/articles/-/127536

音大生といえば、一握りの学生がプロの演奏家、そして音楽教師、その他は進路が見つからず・・・・

そんなイメージですが、今は違うんですね。

記事をまとめますと・・・
音大生は学生のうちから社会人として必要なスキルを身につけている。
音大生は一般大学の学生よりもしっかり勉強し、自分の専攻の能力・技術力を高めようと努力しています。

コミュニケーション能力に長けた音大生

音大生はコミュニケーション能力が高い。
なぜかというと、音大の授業は教師とのマンツーマンレッスンが多数あり、1時間から1時間半の間、教師と一対一で話さなくてはなりません。最初はうまく話せなくても、レッスンを通じてコミュニケーション能力が鍛えられ、自分よりも30、40歳も年上の人と物おじせずに話せるようになります。


これは確かに企業としては魅力ですよね。

最近の一般大学生は学生同士で群れてばかりですだし、年上の人と接する機会は多くありません。

これに対して音大生は教師と曲の解釈について話し合ったり、進路についてじっくり相談したりします。一般学生と比較して、音大生のコミュニケーション能力は圧倒的に優れています。

プロジェクト推進力に優れている

演奏会のために数カ月前から計画通りに物事を進めていくということに慣れているので、プロジェクト推進力に優れている。
演奏のために暗譜するので記憶力も優れています。

この能力、ほっとくわけには行きません。
音大の学生が社会の中でしっかり活躍している姿は頼もしいです。




posted by 家電量販店めぐりが好き at 23:46| 人気ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。